客観説TQM研究所logo

TQM 総合品質管理

★お問合せメール
★電話:049-264-3681

ホーム  サイト内検索🔍

改善 |  FMEA/FTA |  QC手法 |  医療安全 |  講習/教材 |  ご案内 |  注目記事
著作権に関するご注意

4H・オンライン講習会
RCA(なぜなぜ分析)
→ 目次ダウンロード
12/09(木)
12/12(日)
QCサークルの活性化
→ 目次ダウンロード
12/16(木)
12/19(日)
工程FMEA、工程DRBFM
→ 目次ダウンロード
12/23(木)
12/26(日)
設計FMEA、設計DRBFM
→ 目次ダウンロード
01/06(木)
01/09(日)
定員12名 → 詳細

→ この先の予定

→ 開催業者主催セミナー

→ オンライン/出張講習


目次
TQM 総合品質管理
問題1
問題2
サイトマップ
改善
FMEA/FTA
QC手法
医療安全
講習と教材
ご案内

TQM 総合品質管理

→ 目次へ

std10アイコン

TQM 総合品質管理」とは、「次の工程はお客様」を実現するために、全員参加で、品質(Q)、納期(D)、コスト(C)、安全(S)、環境保護(E)を総合的かつ一体に管理・改善する組織的な活動をいう。

TQM導入前は 品質管理といえば、各部署の課長による日常管理としてのQC活動のみであった。導入後は 品質管理委員会の指揮の下、小集団活動方針管理機能別監査など、全員参加のために特別な組織と活動が追加される。 → 詳細

〔問題1〕

ある工場に、製造部門がある。この部門は、品質Q、納期D、コストC、安全S、環境Eのうち、どれを管理しますか? → 解答

〔問題2〕

次のQCサークルの行動のうち、正しいものはどれか。
 → 解答

  1. QCストーリーに従って活動する。
  2. QCストーリーに従って発表する。
  3. CAPDサイクルに従って活動する。
  4. QCストーリーに従って活動し発表する。
  5. CAPDサイクルに従って発表する。

サイトマップ

→ 目次へ

改善

〔改善〕

・QCサークル(小集団)活動は「この現状はもう少し何とかならんか」と目標を設定せずに手段が尽きるまでCAPDを繰り返す小改善。→テーマはどこにもある
・方針管理は一発勝負で目標を達成する大改善。→小改善と大改善の区別

1.QC活動発表例
トヨタの事例
2.目標の設定
3.QCストーリー
 は使うな

4.活動と発表
5.テーマの選定
6.要因分析
7.QC活動の活性化
8.方針管理
9.ISO QMSの弱点
10.TQM
品質管理部は不可

11.PDCAサイクル

→ 目次へ

壊れた自動車

〔FMEA/FTA〕

FMEAとは、「故障しにくい設計」かどうか合否を判定する手法。そのうち、絶対評価4点法が実用的。 → TS16949の認証例

FTA解析は、重大事故の頻度を計算する手法。その本来の用途には実施困難。しかし、ポカヨケとして「便利で重要な使い方」がある。

FMEA
故障モード
工程FMEA
DRBFM
医療FMEA
FTA解析
受講者の声
構造化知識研究所
からの抗議

→ 目次へ

QC手法

〔QC手法〕

RCA(なぜなぜ分析) → 目から鱗の「なぜなぜ分析」。真因と根本原因の区別は? トヨタ式は誤り:「なぜ」を繰り返しても真因は分からない。真因に対策を講じても再発を防げない。
 ・QC工程表 → QC工程表とQA表を取り違える企業が多いことに注意。


QC七つ道具 → 八つあるのに七つ道具とは?

1. パレート図
2. チェックシート
3. ヒストグラム
・ 工程能力指数
4. 管理図
5. 特性要因図
6. 層別
・直交配列表
7. 散布図
8. グラフ

→ 目次へ

〔医療安全〕

ナースセンター

■誤りが多い医療分野の改善活動と発表を見直そう。
 ■ヒヤリハットは無傷・微傷のときだけか? インシデントとアクシデントの区別は? ハインリッヒの三角形はインシデントを含まない。
 ■大評判のヘビースモーカー向け禁煙法。

福祉QC
医療(病院)TQM
医療FMEA
ヒヤリハット
IEA分析
禁煙は短距離だ
禁煙ダウンロード
禁煙体験者の声

→ 目次へ

講習と教材

〔FMEAセミナー/教材〕

200回を超える講習実績

4H On-line講習
業者委託講習会
受講者の声
教材の販売
On-line/出張講習
実施企業一覧
海外からの送金

→ 目次へ

〔ご案内〕

ご案内
自己紹介
講習会の実績
HPの目的
   反対意見
賛同意見
学会発表

先頭へ  ★お問合せメール

All rights reserved.
© 客観説TQM研究所 鵜沼 崇郎